【宮若市で遺品整理】遠方に住むお子さんからのご依頼。作業前に細かく打ち合わせしました。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
宮若市で遺品整理をしたお客様の事例をお客様のコメント付きでご紹介します。

----- ここから -----

3年前にご主人様がお亡くなりになって以来、奥様は老人ホームで暮らされていらっしゃいます。
ご依頼を下さったお嬢様は、熊本県に嫁がれて家庭を持っているため、中々若宮市まで遺品整理に行くことができないということでした。

そこで、30年近く暮らされていた分譲マンションを売却するために、遺品整理をしたいということでした。

お父様とお母様は、お洒落好きだったということで、予想以上の衣類が押し入れやタンスに詰まっていることが分かりました。
作業を始める前に事前に、お嬢様と一緒に現場を視察し何を残し、何を処分するか細かく打ち合わせを行いました。

マンションは、ゴミ屋敷ではありませんが、寝室の窓が衣装ケースが半分隠れてしまうほど、衣類だらけでした。
衣装ケースの中の衣類を1枚づつ貴重品が紛れていないか確認しながら整理を行います。

今回は、ワンピースのポケットに、指輪が入っているのが見つかりました。
お嬢様に、指輪を見せると「母が探していた指輪です!」と、喜んで頂くことができました。

アルバム以外にも、クリアファイルに挟まっているお写真が何枚も出てきたので、汚れないように除けておきます。
全てのものを運び出して、大切なお品物をお渡しできるまでに3時間ほどかかりました。

思い出の詰まったマンションを手放すのは、とても寂しいけれど、誰も住んでいないのに固定資産税を毎年払うのは、勿体無いので、思い切って遺品整理をお願いして良かったと仰って頂くことができて、お受けして良かったと思いました。

消毒 福岡