【朝倉市で遺品整理】ゴミ屋敷化したアパートを遺品整理。貴重品は片付け後にお渡し。

福岡遺品整理プロの柿坂です。

朝倉市で遺品整理と消毒を行ったお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

男性は、生前福岡市内で会社を経営されていましたが、会社の倒産をきっかけに、家族関係が悪化されたそうです。

奥様とお子様と別居し20年以上1人で暮らされていました。

5年前から細々と朝倉市のアパートで年金暮らしをしていましたが、持病の心臓病が悪化して孤独死をされました。

近所の方が発見した時は、死後1ヶ月経っていたそうです。

見積もりを出すために、ご家族様と一緒にアパートを訪れると、玄関からリビングに続く廊下まで、びっしりゴミが置かれて足の踏み場がない状態でした。

手を合わせ黙祷をしてから室内に入ると、布団の周り以外はゴミの山と化したゴミ屋敷になっていました。

別居されていたお嬢様からは、遺品は全て処分するように言われました。

しかし、冷蔵庫に貼ってある家族旅行などの写真を見ると、全て処分するのがためらわれました。

作業当日は、白い防護服を着て、室内を消毒してから作業を始めます。

溜まっていたゴミを全て運び出したら、遺品整理を行います。

床に染み込んでいた汚れを丁寧に染み抜きし、室内全体の清掃も行います。

ご家族様から、一人では気持ちの整理が付かず、どうしたらいいか困っていたので、助かりましたと仰って頂けました。

貴重品などは、捨てる訳にはいきませんので、処分せずにお渡しさせて頂きました。

亡くなられてから、遺品をお渡しすることで、残されたご遺族様の感情を傷付けてしまうかもしれません。

いつか残されたお孫様などに写真を見せて、お話ができるようになって頂ければと思います。

消毒 福岡