篠栗町で遺品整理。ゴミ屋敷状態になっていたのを特殊清掃しました。

福岡遺品整理プロの柿坂です。

篠栗町で遺品整理を行ったお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

----- ここから -----

 

篠栗町の実家で一人暮らしをしていた父が、孤独死をしました。

近所の方が、何日も新聞が郵便受けに入っているのを見て、不審に思い警察に連絡して下さった時には死後6日経っていました。

2週間前に電話で話をした時は元気だったのですが、脳溢血で倒れそのままとなってしまったようです。

 

久しぶりに訪れた実家は、ちょっとしたゴミ屋敷状態になっていました。

体力がなくなり、家に引きこもりがちだった父は、炊事もせずにスーパーで購入したお弁当や総菜を食べ散らかしていたことが判明。

悪いことをしたな、という罪悪感に襲われたものの、どこから手を付けたらいいのか分かりませんでした。

 

空き家になった家は、誰も住む予定がありません。

空き家は、更地でなくても固定資産税がかかってくると聞いたので、賃貸に出すことに決めました。

 

近所の方が、福岡遺品整理プロさんなら遺品整理もやってくれるよ、と教えてもらったので連絡をするととても感じのいい方が電話に出てくれました。

費用のことや、どのくらいで片付くのかなどこちらが知りたいことを的確に教えてくれて、非常に親身に対応して頂きました。

 

作業は、玄関に1人、居間に2人でどんどん分別しながら効率よく整理されていました。

ゴミの中には衣類もあり、ポケットの中を確認しながらの作業は大変だったのではないでしょうか。

ゴミは、紙、缶、ペットボトルなど分別し袋詰めしてくれたので、ゴミを闇雲に捨てるのは良心がとがめると思っていた私にとっては素晴らしい光景でした。

 

血液や体液が付着した床は、特殊清掃で綺麗にして頂くと、汚れは跡形も無い状態に。

除菌もして頂いたので、異臭もしなくなりました。

 

2階の寝室のベッドは、そのままだと運び出せないので解体して運んで頂きました。

子供と言っても50代後半の者にとっては、ベッドの解体作業、重い荷物を持っての急な階段の上り下りは体力的に無理なことなので助かりました。

こういった作業も含めて、遺品整理をお願いして良かったです。

 

遺品整理が無事に完了し「ゴミの中にありました」と、現金数万円分のお札や小銭、お財布、請求書などを受け取りました。

暑い中、ご苦労様ですと心付けを渡そうとしたら、「こういう物は受け取れませんので」と生真面目にお断りされました。

買取ってもらった茶箪笥や卓袱台などの料金を差し引いてもらい、費用を安くすることもできて満足です。

私も今から生前整理をして、残された家族が困らないようにしたいと思います。

消毒 福岡