心身を健やかに保つために始めたい5つの習慣

心身を健やかに保つために始めたい5つの習慣

健康を維持して長生きするため、自分なりの習慣を持っている方は多いものです。この記事では、杏林大学医学部名誉教授・石川恭三氏が提唱する健康法「一十百千万のすすめ」をご紹介したいと思います。

一読、十笑、百吸、千字、万歩のすすめとは?

「一読、十笑、百吸、千字、万歩のすすめ」とは心身の健康を維持し、元気で長生きするために実行したいことを5つにまとめたものです。順に説明していきましょう。

一読……1日に1度は少し硬めの文章を読んで、脳を動かしましょうということです。たとえばネットニュースのコラムや新聞の社説などで構いません。文章を読む癖をつけましょう。

十笑……見た通りの意味ですね。「笑い」は免疫の強化や精神の安定に有益なことが、科学的に立証されています。1日十回を目標に明るく大笑いしてみましょう!

百吸……これは1日に100回は深呼吸をしましょうということです。深呼吸は自律神経のスイッチを促し、脈拍や血圧を落ち着かせて心身をリラックスする効果が期待できます。背筋をぐっと伸ばして一日に数回はゆったり深呼吸をする時間を作りたいですね。

千字……1日に千文字くらいの文章を書くことを続けましょうというものです。日記や手紙、随筆などの文章を書く癖をつけることは、頭を使うだけでなく調査能力や洞察力を鍛える機会にもなります。

万歩……1日1万歩を目標に歩きましょうということです。歩くことは筋力低下予防だけでなく、心肺機能や体重維持、ストレス解消などメリット盛りだくさんです。

できる範囲からこつこつと

「一読、十笑、百吸、千字、万歩のすすめ」いかがでしたか?すべてを一気に実行するのは大変そうだと思ったのではないでしょうか。特に1日に千文字の文章を書くこと、1万歩歩くことを毎日実行するのは並大抵のことではありません。

まずはできる範囲で良いので、5つの習慣を始めてみましょう。いつもよりひとつ前のバス停で降りてみる。「一読」した記事の感想をノートに書き留めてみる。こんな小さなことでもいいのです。いつしかそれが当たり前にこなせていることに気づくでしょう。そうやって少しずつハードルを上げていけば「一読、十笑、百吸、千字、万歩」を達成できるはず。できることから少しずつ始めてみませんか?

心身の健康に欠かせない、自律神経を整えるコツとは

自律神経とは内臓のはたらきを調整するために24時間働き続けている、非常に重要な神経です。
自律神経はストレスなどの影響を受けやすく、そのはたらきが乱れることで心身に大きな影響を及ぼすことが知られています。
この記事では、自分でも簡単にできる自律神経の整え方をご紹介します。

交感神経と副交感神経のバランスが大事

自律神経は人間が活動しているときに優位になる交感神経と、夜間やリラックスしている時に優位になる副交感神経の二つで成り立っています。
この二つは身体の状態によってスイッチされ、自分で選んで働かせることはできません。

では、自律神経の働きが乱れるとどうなるのでしょうか。

朝、なんとなく起きられない。体がだるい。頭痛や冷え性、めまいが続いて仕事や勉強に身が入らない……など、病院に行くほどではないがつねに体調がスッキリしないという状態が続く人が多いようです。
この状態を「自律神経失調症」と呼びます。

自律神経のはたらきが低下すると臓器にも悪影響を与えるため、胃炎や消化器系疾患の遠因になることもあるのです。

自律神経のバランスを整えるには

自律神経失調症を予防するには、日頃から交感神経と副交感神経の働きを普段から整えておくことが大切です。
現代人の生活スタイルは交感神経優位になりやすく、副交感神経のはたらきが低下しやすいといわれています。

そうならないために、まずは規則正しい生活をしましょう。
朝、起きてまずは太陽の光を浴びる。
バランスの取れた朝食を食べる。
ウォーキングなどの軽い運動をし、夜は優しい温度のお風呂にゆっくりと浸かる。
寝る前にスマートフォンを見ないことも大切です。

これらの規則正しい生活を送ることにくわえて、自宅でもできる自律神経の調整法を試してみましょう。

オススメ!自律訓練法

自律神経法とは、ドイツで提唱された自己リラクゼーションの方法です。
数分で全身がリラックスするので、覚えておくと心身のリセットにとても役立ちます。

やり方はとても簡単!
夜、ベッドの中で目を閉じた後、まずは「右手が重くなる」と自分に言い聞かせます。
そしてなんとなく右手が重くなってきたように感じたら、今度は左手です。
これを右足、左足と続けます。

次に「右手が温かい」と自己暗示をします。
こちらも左手→右足→左足の順に続けていきましょう。

自分の身体と対話する気持ちで、ゆっくり続けるのがおすすめです。
慣れてくると座ったままでもできるようになってきますよ。
漠然とした不調にお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね。

【飯塚市で遺品整理】遠方のため、写真で見積して作業してもらいました

飯塚市で遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

一人暮らしをしていた祖母が先日亡くなりました。
長男である叔父はもう他界しており、次男の父も飯塚市を離れて暮らしています。

誰も住む人がいなくなった家を片付けるために、両親と自分たち兄弟で飯塚市に向かいました。
曽祖父の代から住んでいる家はかなり古く、玄関先まで不用品があふれています。
以前からこちらで引き取ろうと何度も持ちかけていたのですが、住み慣れた土地を離れたくないと辞退されており、近所の方が時折様子を見に行ってくれていました。

祖母の家に行くたびに物が増えているとは思っていたのですが、改めて見ると隙間という隙間にぎっしり物が詰まっています。
何度か片付けようとしたのですが、物に手を付けると祖母がとても怒るので亡くなるまでそのままになっていました。

処分するものをどんどん庭に出して借りてきた軽トラックに積み込んだのですが、ほんの1時間程度でトラックはいっぱいになってしまいました。
何度もクリーンセンターと往復しましたが一向に物は減りません。
これは自力で片付けるのは無理だと思い、遺品整理業者を探すことにしました。

その日はいったん引き上げることにして、遺品整理業者を探すことにしたのですがなかなか条件に合う業者が見つかりません。
そのことを祖母の様子を見てくれていた近所の方に話すと、福岡遺品整理プロさんを紹介してくれました。

そこのお家でも実家の遺品整理を経験しており、とても対応が良かったとのことなのでお願いすることにしました。
何度も飯塚市までは行けないので、前回撮った写真や口頭だけで見積もりを出して下さったのでとても助かりました。

当日はきちんとした身なりの作業員さんがテキパキと荷物を仕分けして下さり、2日程度で廃棄するものと残しておくものの分別が完了しました。
年金暮らしの祖母だったので、貯金などほとんどないだろうと思っていたのですが、父の名前で毎月お金が積み立てられていたのには驚きでした。
少ない年金の中から、少しずつ積み立てられた通帳は父にとっても何よりも形見になったようです。

あれだけ大量にあった荷物も大きな4トントラックに納まり、思っていたよりずっと早く作業は完了しました。
事前にいただいた見積もりとほとんど変わらない料金だったのも、ありがたかったです。

最後まで丁寧な仕事をしていただき、本当にありがとうございました。

リモートワーク中に実践したい、肩こり予防の3ステップ

2020年はリモートワークへの移行が大幅に進み、仕事環境がガラリと変わったという方も多い年でした。
自宅で仕事をすると誰にも邪魔されずに集中できる反面、立ち歩くことが極端に減るので肩こりがひどくなってしまったというケースも。

この記事では、肩こりを楽にするのに効果的な3つの動作をご紹介します。
仕事中にもできるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

15分に一回立って座り直す

座っている時間が長いと、骨盤が倒れて背筋の自然なカーブが失われた状態になりがちです。
この姿勢はあごが突き出てくるので、ストレートネックを引き起こしやすくなります。

15分に1回は椅子から立って、きちんと骨盤を立てて座り直しましょう。
人間の集中力は15分サイクルであるという説もあります。
15分おきにリフレッシュしたほうが作業効率も上がりそうですね。

1時間に1回は肩甲骨はがしストレッチを

デスクワーク中の上半身は、巻き肩気味で背中の筋肉が張っている状態です。
定期的に肩甲骨はがしストレッチをして、肩から背中の筋肉の血流を促しましょう。

ストレッチの方法は至って簡単。
肩よりも高く上げた両肘を、そのまま後ろに引きます。

肩甲骨を中央に寄せるイメージで、5秒くらいかけてじっくりと引きましょう。
そのまま10秒停止したら、ゆっくり肘を下ろして力を抜きます。

時間にして2分程度の簡単なストレッチですが、肩から背中の血流を促進することで脳に酸素や栄養分がスムーズに運ばれます。
その結果、頭痛やだるさにも改善効果が期待できるのです。
しばらく続けているうちに、疲れのたまり具合が違うことに気づくはず。

1日2回はラジオ体操をしよう

会社に通勤していると、電車に乗ったりオフィス内を歩き回ったりと意外と歩行量が多いものですよね。
歩行はまんべんなく筋肉を使い、心肺機能を維持するのに欠かせない動きです。
リモートワークになって歩行量が減ったと感じる方は、午前と午後にラジオ体操をしてみましょう。

たかがラジオ体操と思うかもしれませんが、しっかり力を入れてやるとなかなかの運動量になります。
最初から最後までやっても10分もかかりません。
就業前後やお昼の眠くなる時間帯などに取り入れてみましょう。
全身を動かすので、肩こりや頭痛に効果が期待できますよ。

リモートワークの作業効率を上げて、おうち時間をより充実させたいですね。

【大宰府市で遺品整理】お仏壇も供養していただきました

福岡遺品整理プロの柿坂です。
大宰府市で遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

10年前に父が、そして去年母が亡くなりました。
兄妹はすでに結婚して大宰府市を出ており、実家に住んでいるのは私ひとりです。

4LDKのマンションは広すぎるので、売却して現金化しようということになりました。
三人暮らしではありましたが兄妹が残していった荷物もたくさんあり、どこの部屋も荷物でいっぱいです。

最初の数か月は分担して片付けを進めていたのですが、思いのほか時間がかかりいつまでたっても終わりそうにありません。
固定資産税や保険もばかになりませんし、貴重品だけより分けたあとは遺品整理業者にお願いしようという話になりました。

兄妹が立ちあえる日を選んで数社に見積もりをしに来てもらったのですが、予算とどうしても折り合いが付きません。
来てくださった方とも会話がうまくかみ合わずに困っていたのですが、福岡遺品整理プロさんは最初の電話応対からハキハキしてとても好感が持てました。
こちらの要望を織り込んだ見積もりを手早く作ってくれ、料金も予算内だったのですぐに契約することにしました。

当日来てくださった方たちも、皆さん礼儀正しくテキパキとよく働く方ばかりです。
数か月かけてもスッキリしなかった部屋から、不用品をどんどん運び出していってくれました。

この家のどこにこんなにものがあったのかと呆れてしまうくらいでしたが、その中でも問題だったのが古い仏壇の処分でした。
私たちの祖父母と両親が入る予定だった仏壇ですが、両親がまだ元気だった頃にコンパクト仏壇に買い替えて、閉眼供養まで済ませていたのです。
あとは廃棄するだけだったのにどうやって捨てたら良いのかわからず、数年間そのままになっていました。

今回、仏壇の処分もお願いしたのですが快く引き受けてくださいました。
昔ながらの大きな仏壇も丁寧に運び出して下さり、作業は半日程度で完了しました。

何日かかかるとばかり思っていたので、そのスピーディーさには本当に驚きです。
見積もりから追加料金を請求されることもなく、遺品整理は完了しました。

廃棄する予定だった荷物の中に、両親が若い頃に読んでいた本やレコードもありました。
大切にしていたものだと思うので、引っ越したら仏壇に一緒に供えてあげようと思います。
最初は他人に遺品整理を依頼することに迷いもありましたが、本当にお願いして良かったです。
ありがとうございました。

傷つきやすさも個性のひとつ。HSPとは?

光や音に敏感すぎて辛い、人間関係に気を使いすぎて疲れる……心当たりはありませんか?
それはHSPと呼ばれる特性を持っているのかもしれません。

この記事ではHSPの特性と、HSPの方が穏やかに過ごすために知っておきたいポイントについてご紹介しています。

HSPとはどのようなものか

光が眩しすぎて疲れる。大きな音が苦手で、恐怖感すら覚える。
友だち付き合いにおいて、相手の顔色を伺ってしまう。
度が過ぎて緊張性の頭痛に襲われる。
テレビのニュースで我がことのように落ちこんでしまう。

こんなふうに繊細すぎる人を、アメリカ人のエレイン博士は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と名付けました。

HSPかもしれないと思ったら

現状、HSPは疾患と扱われていないことも多く、心療内科や病院での対応はまちまちです。
それに、病院で相談するのは抵抗があるという方も多いでしょう。
ここでは、自分の心を平静に保つために知っておきたいセルフケアをご紹介しています。
気分が落ち込みそうだな、という時に試してみてくださいね。

人混みや大きい音の場所に出かけなくてはいけない時は、イヤホンをつけて川のせせらぎや波の音などを流しましょう。
耳栓でも良いですが、くれぐれも周囲の安全には気を付けてくださいね。

HSPの傾向として、人の顔色を伺う・誘われたら断れない、などが挙げられます。
お誘いを断るのは心苦しいと思ってしまいますが、何より自分の体調や心の平穏が大事です。

苦でない範囲のお付き合いに留めるのもひとつの方法です。

感受性の強い方は、入ってくる情報を自ら調節する必要があります。
「つらいニュースが目に飛び込んできた」と思ったら、テレビやネットから離れましょう。

HSPの方は繊細で傷つきやすい傾向があるために、周りから誤解されやすいこともあります。
しかしそれは悪いことではありません。
優しく人を気遣えることで、感謝されることや気遣いを受け入れてもらえることもあるでしょう。
自分の長所としてうまく付き合っていけるようにしたいですね。

【那珂川市で生前整理】自宅の整理を遺品整理業者に依頼

福岡遺品整理プロの柿坂です。
那珂川市で生前整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

十五年ほど前に那珂川市に住む父が亡くなりました。
ひとりになった母を引き取って同居したので、実家を引き払ったのですが、遺品整理には本当に苦労しました。

その間の光熱費や固定資産税、大きな家具を廃棄するためのトラックを借りる料金等々の出費も相当のものでした。
全て片付けが終わって、実家を売却するのに2年ほどもかかったのを覚えています。

その時に「自分は子どもたちにこんな思いはさせたくない」と強く思うようになりました。
定年退職して子どもも全員巣立った今こそ、自分の身辺をすっきり整理する時だと考えて妻と計画を立てました。
時間だけはあるので自力で整理することも検討しましたが、いざ自分で捨てる決心をつけるのはなかなか難しいということは、身に染みて知っています。

そこで、那珂川市まで来てくれる遺品整理業者を探すことにしました。

とはいえ、家に入ってもらう業者を探すわけですから、きちんとしたところに頼みたいものです。
何件か電話で話を聞いてみましたがあまり対応が良くなかったり見積もりが不明瞭なところも多く、なかなか良いところが見つかりませんでした。

そんな時に検索で見つけた福岡遺品整理プロさんに軽い気持ちで電話してみたのです。
今までかけたところとは全く違う、丁寧で明確な応対にまず驚きました。
料金も予算内でおさまりそうですし、追加料金も発生しないという点も気に入って契約することにしました。

約束時間ちょうどに来てくださった作業員さん達は、皆きちんとアイロンのかかった作業服姿でとても好感の持てる方たちばかりでした。
ある程度廃棄するものは決めていたのですが、実際に出してみると「なぜこんなものまで」と思うようなものもしまい込まれていて苦笑してしまいました。

古いタンスや座椅子、子どもたちの学習机など、大きなものを中心に運び出していきます。
ほとんど物がなくなった部屋はとても明るく、広く見えて結婚当初のことを思いだしました。

半日程度で作業は終わり、作業員さん達は帰っていかれました。
家具を撤去したあとの壁まで拭いて下さったので、埃っぽさもほとんどなくスッキリです。

これからはコンパクトな生活に合った家具を揃えようと妻も楽しそうにしているので、この機会に整理に踏み切って正解だったと思います。
本当にお世話になり、ありがとうございました。

ビフォーアフターを更新しました

ビフォーアフターに【遺品整理】福岡市博多区 M様を追加しました。

詳しくはこちら»

【福岡市中央区の遺品整理】県外からのご依頼も承ります

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市中央区で遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

福岡市中央区に住んでいる両親を引き取って、私たちと一緒に暮らそうという計画が持ち上がったのは2年ほど前のことです。
私たち夫婦は仕事の都合で福岡以外に定住していますが、両親は生まれてこのかた福岡市中央区以外に住んだことがありません。

説得を重ねてきましたがなかなか首を縦に振ってくれず、あきらめかけていた矢先に父が入院したのです。
幸い小さな手術だけで済んだのですぐに退院することができましたが、入院をきっかけに考えが変わったのでしょう。
実家を処分して引っ越すことに同意してくれるようになりました。

両親の住んでいる家は普通の一戸建てですが、古いつくりなので階段がとても狭く、荷物の上げ下ろしがとても大変です。
荷物の片づけをするのに、一番の悩みの種がこの階段でした。二階にはどうやって上げたのかわからない大きな箪笥が二本もありますし、大量の廃棄物を運ぶツテもありません。

引っ越し業者に依頼することも考えましたが、見積もりを取ってみるとあまりに高額だったため、検索で見つけた福岡遺品整理プロさんにお願いすることにしました。

見積もりのために家に来てくださった方は非常に礼儀正しく、丁寧な物腰だったので両親も安心したようです。
引っ越しに向けて荷造りを始めるなど、少しずつ新生活を楽しみにしている様子でした。

作業員さん達もとても礼儀正しく明るい方たちばかりで、悩みの種だった二階の箪笥も器用に階段を下ろして運び出して下さいました。
ちゃんと下せるか心配した母が下ろすところをずっと見張っていたので、作業員さんたちのお邪魔になってしまったのではないかと申し訳なかったです。

祖父母の代から住んでいる実家なので、私たち家族のものだけでなく叔父や叔母の子ども時代のものもたくさんあります。
日頃はあまり親戚づきあいのない私たちですが、今回の片づけを知ってわざわざ訪ねてきてくれました。

何もかもを廃棄するのではなく、きちんと仕分けて下さっていたので、親族へ渡すものもスムーズに取り出せてとても良かったです。

当初は数日かかるかなと覚悟していましたが、終わってみると丸一日で全ての作業が完了しました。
もちろん追加料金を請求されることもなく、気持ち良い挨拶とともに作業員さん達は帰っていかれました。

両親はすっきりした家で、新生活への期待を膨らませています。
こんなにスムーズに片付けが終わったのも、福岡遺品整理プロさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

消毒 福岡