それって自慢話しですか?

それって自慢話しですか?

人なりを知るにはその人が自分と同等の者より目下の者をどう扱っているか、がポイントとなります。
相手が自分を利用しようとしているのか、それともそのような気が全くないのか。

損得勘定で動いていない人は、相手の地位など気にしません。
このような人にとって大切なのは、相手の人となりや性格です。

一方でコンプレックスを抱えている人は、その人に近ずくことによって何が得られるかを重要にしています。
人が自分の周りの人間をどう判断しているか、というポイントで人を見分ければ必要なことが分るはずです。

例えば、同じ人を見て、ある人は「自慢されてる!」と感じイラッとしても、ある人は「そんなに気にならない」、「自慢されているとは全く思わない」「自分のことを素直に表現して素敵な人だな」と感じるなど人によって受け止め方は千差万別です。
どうして人によって受け取り方が違うのでしょうか。

まず、自慢されるのが嫌な人は、我慢していることがあると、人が自慢してると強く思う傾向があります。
そのため、自分が非常に我慢していることをやっている人をを見ると、イライラしてしまうという思考パターンに陥るのです。

しかも、自分が我慢していることは、ついつい気になり過敏になり過ぎて、他の人なら自慢に感じないことまで感じてしまいやすいんです。

自慢されたと感じている事柄は、自分にとって元々大きなコンプレックスを持っていることだったりもします。
例えば、海外旅行に行ってきた人の話を聞いて、自慢してると感じてしまう人は、自分も海外旅行に行きたいのに、経済的な理由などで行けないことをコンプレックスに感じているかもしれません。
人によって反応する事柄は異なりますが、イラっとしてしまうのは聞く側のコンプレックスが刺激されているからなんです。

もし、人の話を聞いて「自慢話しか…」と思ったら冷静になって自分の持っているコンプレックスが反応していないか考えてみてください。
人は、努力して得たものでないと執着しないものなんです。

日本人の美徳として自慢してはいけない風潮がありますが、自慢はしても良いのです。
自慢に聞こえないように言おうとすると、却って不自然な言い方になります。

自然に自分の伝えたいことを素直に伝えた方が、本音で話せるようになり人間関係がスムーズに運びます。
そして、自慢してくる人にも気にならなくなります。

嫉妬はする方が悪い、と言われているようにコンプレックスを感じないように努力することが大切だと思いませんか。

【福岡市城南区で遺品整理】遠方で立ち会いできませんでしたが、見積通りで追加費用も不要でした

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市城南区で遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

先日、父親が亡くなって実家には母だけが残されました。
一人息子の私は福岡市城南区を離れ、東京都内で所帯を持っています。

この機会に継ぐもののない実家を引き払って、介護付き有料老人ホームへ入居することになりました。
実家は曽祖父の代から住んでいる古い日本家屋で、部屋だけはたくさんあります。
現在は3部屋程度しか使っていなかったにもかかわらず、あちこちの部屋にさまざまなものをぎっしりため込んでいる状態でした。
当初は家族で片付けられないかとあれこれ試してみましたが、どう考えても個人でどうにかできるものではないと考え直し、遺品整理業者を探すことにしました。

ネットで検索した業者数件に現地調査をしてもらったのですが、東京に住んでいる私は立ち合うことができません。
必要事項を伝えて母に立ち合ってもらったのですが、対応や情報の伝達に不安がある業者が多く、契約には至りませんでした。

引っ越しの期日も迫ってきて焦りだした時に、福岡遺品整理プロさんが福岡市城南区まで出張して下さることを知りました。
電話対応だけでなく、現地での見積もりもとても早く正確だったので母がすっかり気に入ってしまい、すぐに契約することになりました。
当日しか立ち合えないことや、荷物の仕分けについていろいろとご面倒をお願いしましたが、快諾頂き感謝いたします。

当日は私たち家族と母が立ち合いましたが、どの作業員さんも清潔な作業着姿でとても好感が持てる方ばかりでした。
古くて手入れが行き届かない家ですので、ところどころ床が腐食している部分もあったのですが、うまく避けて運搬して下さって助かりました。

曽祖父の代から使っていた火鉢や廃材、衣類など、ほとんど捨てるものばかりだと思っていましたが、一部は買い取りもできると教えていただき、本当にありがたかったです。
また、捨てるものとはいってもそれぞれに思い出もあり、自分たちだけでは処分を決断できなかっただろうと痛感しました。

大量にあった荷物を運び出すのは2日で完了し、見積もりどおり追加料金を払うこともありませんでした。
整理をする前はどこか後ろめたい気持ちがあったのですが、実際に終わってみて風通しが良くなった家を見ると、心が晴れ晴れとしてくるのを感じました。

母も自分が生きている間に整理ができたことを、とても喜んでおります。
福岡遺品整理プロさんにお願いして本当に良かったです。
ありがとうございました。

【糸島市で遺品整理】プロに依頼して手間もお金も節約できました

福岡遺品整理プロの柿坂です。
糸島市で遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

夫の両親は夫が小さい頃に離婚しており、父親とは数十年会っていないと聞かされてきました。
その父親が亡くなったと糸島市のケアマネジャーさんから連絡があったのです。

夫にとっては、顔も覚えていない父親です。
なぜ自分なのかと尋ねたようですが、身寄りが全くないため一番近い血縁者が夫なのだということでした。

公団住宅に住んでいた義父の部屋は、どこに何があるのかわからないほど物が多く、印鑑ひとつ探し出すのも一苦労でした。
簡素な火葬式を済ませ、ようやく片付けに着手しましたが月末までに掃除をして部屋を明け渡さないといけません。
どう考えても間に合わないと思ったので、遺品整理業者に依頼することにしました。

夫が遺品整理業者を探している間に、私が要るものと要らないものを選り分けることにしました。
引き出しをすべて開けて通帳や住所録、アルバム等を仕分けしていくのですが、もともと床いっぱいに物が置いてあることもあり、家中がますます散らかってしまいました。

こんなところに業者を呼ぶのは申し訳ないなと思っていたので、見積もりに来てくださった福岡遺品整理プロさんが嫌な顔ひとつせず対応して下さって、とてもほっとしました。
夫の話では、最初の電話対応が抜群に良かったのが決め手だったようです。
自分たちで片付けた場合にかかる費用もざっと計算していたのですが、それよりもはるかに安かったのでその場で契約することにしました。

廃棄するものと残しておくものを大まかに分けておいたので、作業はほんの3時間程度で終わりました。
運び出してくれた作業員さんたちはきびきびとよく動く方ばかりで、見ていて気持ちが良かったです。

作業員さんが廃棄するものの中に古いアルバムを見つけて、手渡してくれました。
その中には子ども時代の夫や、まだ若い義母が写った写真が何枚か挟まっています。
離婚したあともこの写真だけは大切に持っていたのでしょう。
「もっと早く探して会いに行けば良かったなあ」と夫が呟いたのが印象に残っています。

自分たちである程度の仕分けを済ませていたとはいえ、プロの遺品整理業者に依頼することで手間もお金もかなり節約できたと思います。
月末の引き渡しにも間に合いましたし、心の余裕をもって義父を見送ることができて本当に良かったです。
いろいろと良くして下さり、ありがとうございました。

【福岡市早良区で生前整理】グループホームへの引っ越しに合わせて生前整理。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市早良区で生前整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

福岡市早良区に住む祖父母が、家を引き払ってグループホームに入ることになりました。
ホームには私物はあまり持っていけません。

入所までに少しでも片付けようと、両親ともども何度も祖父母宅に通いましたが、物を捨てようとするたびに祖母が止めるのでさっぱり作業が進みません。
困り果てている時に、同僚から「他人を入れた方がうまくいくかもしれないよ」とアドバイスされました。

両親も賛成してくれたので何社か見積もりをとったうえで、福岡遺品整理プロさんに来ていただくことにしました。
他の業者よりも料金が安かったこともありますが、何より電話の対応がとても良かったのが決め手でした。

祖父母にも同席してもらったので、何度も同じ質問をしたり話が長かったりとご迷惑をおかけしましたが、嫌な顔一つせず対応して下さって本当にありがたかったです。
祖母も「すっきり片付けて入所したい」と言うようになりました。
すべてを捨ててしまうのではなく、買い取りもしてもらえるというのが決め手だったようです。

もしかしたら片付けを嫌がるのではと心配していましたが、引っ越した後の生活が楽しみになってきたらしく祖父母ともに上機嫌でした。

当日、祖父母が不安にならないようできるだけ丁寧に作業をしてほしいと無理をお願いしましたが、本当にきれいに仕分けて下さっていました。
廃棄する家具も引っ越しのようにきちんと運んで下さり、壁まで拭いて下さったのには驚きました。
作業のスタッフさんたちは清潔感のある身だしなみで、明るく好感の持てる方ばかりです。
本当にお願いして良かったと心から思いました。

仕分けていただいた荷物の中に、孫である私たちの小さな頃に描いた絵や手紙をしまってある袋がありました。
祖母が大切に保管していたもののようです。見落としてしまいそうな古い封筒でしたが、写真等と一緒に仕分けて下さっていたので紛失せずに済みました。
私たちも覚えていない昔の記憶が蘇ったらしく、楽しそうに話す祖母を見ることができて本当に良かったです。

荷物をすべて積み込んだトラックを見ると、これを全部自分たちで片付けていたらどれほど大変だっただろうかと思いました。
お金や労力、時間がどれだけかかるか想像もつきませんし、祖父母のこんなに喜ぶ顔も見られなかったかもしれません。
家でゆっくりと思い出を振り返る時間を持つことが出来たのも、福岡遺品整理プロさんのおかげです。本当にありがとうございました。

消毒 福岡