挨拶

挨拶

挨拶は、人間関係の基本です。
こちらから気持ちを開いて、相手に近寄っていくという挨拶が望ましいと言われています。

人は、働きかけられたことに対して必ず反応します。
「おはようございます!」と挨拶されたら「おはようございます!」と返すのが普通です。

しかし、中には挨拶をしても無視をする人もいます。
無視をされると、自分の存在をゼロとして評価されてしまうということになるため、人の心にダメージを与えます。

挨拶は、人と人が関係を作っていく時に、相手が今どんな状態なのか知るために必要なキャッチボールのようなものです。
人の心は、その日の天気や体調などによって毎日違います。

朝から元気に起きられる人もいれば、朝起きるのが苦手で無口な人もいます。
そのため、挨拶をしても声が小さかったり、元気のない反応が返ってくることもあるでしょう。

人と一緒に住む、一緒に仕事をするなど行動を共にするのであれば、相手が今どういった状態にあるのか推し測ることで、より良い関係を繋いでいくことができます。
それは、相手の顔色を終始伺うこととは違います。

挨拶を行うことは、よりよい人間関係を自分が構築するために有利だからです。
「挨拶をしても無視されたから、あの人にはもう挨拶したくない!」と思ってしまうこともあると思います。

しかし、挨拶は減る物ではありません。
無視されても繰り返し挨拶をしていると、相手からも挨拶が返ってくるかもしれません。
私は、仮に挨拶をして無視されても気にしません。

挨拶をするんだったら、自分の印象を良くして、相手を振り向かせ人間関係を繋ぐ。
そんないい挨拶をしたいですね。

挨拶をする時は、言葉を先に礼を後に言うと印象が良くなります。
丁寧に頭を下げて挨拶をしても、誰に挨拶をしているのか分からなかったり、頭を下げている間に相手が通り過ぎてしまうかもしれません。

そういう場合は「〇〇さん、おはようございます!」と相手の名前を言ってから挨拶をしましょう。
そうすることで、挨拶された側は「自分に挨拶してくれたんだな」と理解してくれます。

挨拶はコミュニケーションの入口です。
社内ではもちろんですが、初めてお会いするお客様と一番初めにするのが挨拶です。

上手に挨拶をすることで、お客様の不安を取り除いたり、話しやすくするといったことが可能になります。
弊社では、お互いを尊重し気持ちよく仕事ができる環境作りの一環として、挨拶をきちんとしています。

【大野城市で遺品整理】和装の買い取りとハウスクリーニングも一緒に依頼でき、とても満足です。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
大野城市で遺品整理をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

ずっとひとりで住んでいた母の姉が、先日亡くなりました。
伯母は生涯独身で、母と私以外に身寄りがありません。

亡くなる半年ほど前に入院するまではあまり交流もなく、大野城市に住んでいることも知りませんでした。
ヘルパーさんに聞いたところでは10年ほどから肝臓を患っており、入退院を繰り返していたようです。
和裁の仕事をしていた伯母の家はこまごましたものがとても多く、片付けたいとは思っていましたが手を出しづらいまま時間が経ってしまいました。

質素な葬儀を済ませて片付けに着手したのですが、母は高齢で肺に疾患があるため長時間の作業ができません。
かといって他に身内もいないので地道に片付けていたのですが、このままでは家賃や光熱費がかさむだけだと考え、プロの遺品整理業者を探すことにしました。

大野城市まで出張して頂けること、たくさん遺されていた着物や和装小物を買い取って頂けることを条件に何件か見積もりを取った結果、電話対応が一番良かった福岡遺品整理プロさんに依頼することにしました。

当日来てくださった作業員さんたちもとても清潔感のある方たちばかりで、安心して作業をお願いできる雰囲気です。
母が若い頃にお揃いで買ったブローチを、形見にしたいと言っていたのを思い出して捜索をお願いしたのですが、膨大な荷物の中から探し出して下さったのは本当に驚きました。
自分ひとりでは絶対に見つけられなかったと思います。
最近撮ったらしい写真も見つけて頂けたので、きちんと遺影を作ることもできました。

遺品整理をする前に大量の着物や和装小物、反物等を売却しようとリサイクル業者にも連絡したのですが、和装関連は在庫過剰だからと引き取ってもらえませんでした。
そのまま廃棄するのもしのびないし、福岡遺品整理プロさんで買い取りも同時にお願いできて大助かりです。
遺品整理と買い取り、ハウスクリーニングまでやってもらえたので、あとは簡単な片付けだけで家を引き払うことができました。

大切にしていた着物たちがまた誰かに活用してもらえることになって、伯母も喜んでくれていると思います。
母にも形見としてブローチや写真を渡しましたが、とても嬉しそうでした。
自分で片付けることにこだわりすぎず、福岡遺品整理プロさんに依頼して本当に良かったです。
ありがとうございました。

【福岡市南区で生前整理】追加費用もなく、丁寧に仕分けしてくれました

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市南区で生前整理をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

2年ほど前に父が他界し、母が福岡市南区にひとりで住んでいたのですが、家を引き払って近くに引っ越してきたいと相談されました。
年齢のこともありますし、お互い近くにいたほうが安心だからと話はまとまったものの、問題は実家の片づけでした。

父が亡くなったあと、母が少しずつ片付けを進めていたようですが、引っ越しまでに到底間に合いそうにありません。
母とも相談した結果、生前整理を兼ねて整理業者に依頼しようということになりました。

福岡市南区まで来ていただける業者を何社か選んだのですが、料金や相性でどうしても折り合いがつかず困っていた時に、知り合いから福岡遺品整理プロさんを紹介されたのです。
自宅に来てくださった担当の方はとても感じが良く、今までとは違うということがはっきり分かりました。
料金も予算内で収まりそうだったので、すぐに生前整理をお願いすることにしました。

当日の作業員さん達も皆とても礼儀正しく、清潔な身だしなみだったのが印象的でした。
写真は自分たちで選別したかったので、一か所にまとめてほしいという要望にも快く応えていただき本当に助かりました。

古い荷物ばかりだったのですべて廃棄になるかと思っていましたが、いくつか買い取って頂けたのもありがたかったです。
大量の荷物を運び出しましたが、1日ですべての作業が終わったのには驚きました。

荷物をすべて積み込むとトラックは満タンで、この家のどこにこれだけ荷物が詰まっていたのだろうと思ってしまいました。
母も同じことを考えていたようで「まめに片付けているつもりだったのに」と驚いた様子でした。
最初に頂いた見積もりから追加料金を請求されることもなく、丁寧に仕事をしていただいて感謝しています。

きれいに片付いた家で、母とたくさんの写真を選別しました。
両親の若い頃の写真は今までほとんど見たことがなく、どこにしまってあったのか母自身も忘れていたようです。

作業員さんが丁寧に仕分けて下さったおかげで、古い写真も見つけることができました。
特に父が寮暮らしをしていた頃や、ひとりで海外を旅した時の話はほとんど話を聞いた記憶がありません。
どんな若者時代を過ごしていたのか、父がいる間にもっといろんな話をすれば良かったなと思います。

生前整理というと少しハードルが高いようにも思えましたが、実際にやってみるととても晴れやかな気持ちです。
母もこれからの生活に向けて前向きな気持ちになれたようで、本当にお願いして良かったです。

【博多区で遺品整理】どこよりも安く追加料金も発生なし。お願いして本当に良かった。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市博多区で遺品整理をご依頼いただいたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

入退院を繰り返していた母が亡くなりました。
長年の飲酒で肝硬変を起こしており、長くはないと思っていましたが、あまりにも急な死で本当に驚きました。

同じ福岡市博多区ではありますが別に住んでいることもあり、母が亡くなるまで部屋の整理はほとんどしていません。
できるだけ早く部屋を引き払わないと家賃がかさむ一方だと思い、自力で片付けを始めたのですが、どう考えても無理だと思い業者を探すことにしました。

何社か見積もりを取ってみたのですが、もともと貯金もなかったうえに入院や葬儀で出費が多く、予算がどうしても折り合いません。
母と自分だけの家族なので他に頼れる身内もおらず、途方に暮れてしまいました。

やっぱり自分で片付けるしかないのかとあきらめかけていた矢先に、福岡遺品整理プロさんに出会ったのです。

電話してすぐに見積もりに来てくださった方はとても感じが良いだけでなく、手早く見積もりを出して下さいました。
その金額は今まで見積もりを取った業者のどこよりも安く、追加料金も発生しないとのことでしたのですぐに依頼を決めました。

見積もりに来てくれた方だけでなく、作業員さんもとても感じが良い方ばかりで、遺品整理や相続等で滅入っていた心が救われるような気持になりました。
狭い1Kのマンションですが入退院を繰り返していたこともあり、部屋の中は饐えた匂いと積み上げられたゴミで埋め尽くされています。

作業員さんはテキパキと荷物とゴミを仕分けてトラックへと積み込んでいき、あっという間に部屋の中は空っぽになりました。
形見分けをする親族もいないので、母が大切にしていた貴金属や手紙、写真以外は廃棄するしかないと思っていたのですが、家電や家具の一部は買い取って下さったのもありがたかったです。

少ない予算の中で依頼していたので、少しでも現金に換えられたのは正直助かりました。
自分だけで片付けをしていたらどれだけ苦労していただろうと考えると、福岡遺品整理プロさんにお願いして本当に良かったと思います。

母が大切にしていた写真は、どれも自分と一緒に映っているものばかりでした。
もっと親孝行したかった心残りはありますが、他人に迷惑をかけずきれいに見送ることが出来て、母も喜んでくれていると思います。
いろいろと良くしてくださって、本当にありがとうございました。

【福岡市東区で遺品整理】原状回復のための特殊清掃も一緒にご依頼いただきました

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福岡市東区で遺品整理をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

長年一人暮らしをしていた父が亡くなりました。
住んでいたアパートで亡くなり、数週間経ってから発見されたようで、警察や管理会社から原状回復のための特殊清掃が必要だと言われました。

両親は30年ほど前に離婚しており、それ以来数える程度しか会っていません。
一番近い身内が私と兄だと言われましたが兄は遠くに引っ越しており、福岡市東区に住んでいるのは私だけです。
父の部屋をなんとかしないと通帳や保険証券を探すこともできませんので、慌てて業者を探すことにしました。

特殊清掃という言葉は知っていたものの、自分がそれを依頼する立場になるとは思ってもいませんでした。
検索して見つけた業者に見積もりを依頼しましたが、あまりにも高額で説明もわかりにくく、このまま依頼して大丈夫なのかと不安になりました。

とはいえ時間もありませんし、不安だけど依頼しようかと思っていた矢先に同僚から福岡遺品整理プロさんを紹介されたのです。

ダメモトで電話してみたところ、とても感じの良い対応をしていただけただけでなく、見積額も先に取ったものよりかなり安かったので、その場で依頼することを決めました。

父の住んでいた部屋は外まで臭気が漂い、近づくこともままなりません。
少し離れた場所から立ち合いたいという旨の申し出も快諾頂き、本当にありがたかったです。

防護服に身を包んだ作業スタッフさんたちがドアの前で丁寧に手を合わせて下さり、胸が熱くなりました。
ひとりで亡くなった父を悼んで下さる気持ちが本当に嬉しかったです。

作業自体は外からでは見えませんでしたが、布団や布製品をすべて包んで撤去した後、床や壁を丁寧に拭いて臭気を最大限抑えて下さったようです。
捜索をお願いしていた貴重品やアルバムは綺麗な状態で、とても安心しました。

あの部屋から探し出すのはとても大変だったと思います。
長年会っていなかったので遺影に使う写真もなかったのですが、最近のものらしい写真もきちんと見つけ出してくださいました。
おかげで私たちは父の姿を知ることができましたし、立派な遺影も作ることができました。

父の死を知ったときは「どうして私が後始末を」と思う気持ちが隠せませんでした。
しかし運び出された荷物やアルバムを見ているうちに楽しかった昔の記憶が蘇り、もっと早く会いに行けば良かったと思えるようになりました。

こんな落ち着いた気持ちで父を送れたのは、きれいに片付けて下さった福岡遺品整理プロさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

消毒 福岡