叱ることの大切さ

叱ることの大切さ

部下や子供など人を叱る時、つい感情的になって叱っていませんか。
叱る時は、その人の短所や課題を克服してあげられるように伝えなければ意味がありません。
仕事をしていて「この人のこういう所を直して欲しいのになあ」と思うことってありますよね。

しかし、100%適切に指摘することができる自信はありますか。

叱り方は、誰かに教わるものではありません。
具体的に「こういう風に駄目な所を伝えるといいんだよ」と教えられら人って殆どいませんよね。

そのため多くの人は、親の教育方針だったり、学生時代の担任やコーチの教え方などを模倣して叱ってしまうものなんです。
そして、気付かないうちに叱り方で失敗してしまうのです。

叱って人に課題を与えるということは、人生や仕事において非常にに大切なことです。
生きていれば、どうしても不公平だと感じるなど、納得がいかないが多々出てきます。
そういった時に他人の全てを許して受け入れることができるならいいかもしれませんが、現実的ではありません。

特に、仕事で短期的な成果が求められているような時や、どうしても譲れないと思っている時は、勇気を出して相手に変化を促す機会を作ることが大事です。
しかし一方的に「何が悪いか自分で考えなさい」と課題を投げかける叱り方をするのはよくありません。

多くの人は、自分がこれは絶対に正しいと思っている時は、何故やってはいけないのか理由を省いて説明しがちです。

ですが、自分では間違いなく正義だと思っていることでも、相手からすると正義ではないかもしれません。
社内でのコミュニケーションであれば、最終的には上司の意見に従う形になりますよね。

しかし、人間は感情に左右される生き物なので、伝え方一つで相手の納得感を削いだり高めたりすることができます。
いきなり、相手を否定する叱り方をするのではなく、明確に理由を伝えた方がお互いにとって有益となるのです。

駄目な理由を言わず叱ると、相手は権力を利用して価値観を押し付けられたと捉えしまうものです。
しかし、理由をきちんと伝えて叱ると相手は「自分のために言ってくれてるんだ」と捉えることができます。

また、叱る側も「何故、叱るのか」叱る前に改めて考える機会を持つことができます。
叱られる側も理由が分からず叱られるよりもミスが明らかに減ります。

叱ると相手に嫌われると思い、ついサラッと注意する程度で終わってしまうと、結局コミュニケーションが取れず仕事の効率も下がってしまいます。

【古賀市の遺品整理】プロに頼んで大正解でした

福岡遺品整理プロの柿坂です。
古賀市で遺品整理をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

1年ほど前に主人が亡くなり、それからひとりで暮らしてきました。
もともと二人暮らしでも広すぎた一軒家です。

家を売ってコンパクトなマンションか介護付有料老人ホームに入ろうかと相談していた矢先の急死でした。

とは言っても2階建ての家をひとりで片付けるのは、思っていた以上に大変な作業です。
子どもは全員独立して古賀市から遠いところで所帯を持っており、そうたびたび手伝いに呼び出すのも気が引けてしまいます。
悩んでいた時に、娘から「プロの業者を入れよう」と提案されました。

娘夫婦が古賀市まで出張してくれる業者を何件か探してくれて、自宅まで来てもらいました。
業者さんの中にはあまりこちらの話を聞いてくれない方や、あまりにも高すぎたり安すぎたりする業者もありました。

もちろん安い金額であれば嬉しいですが、あまりにも安すぎたり見積もりが不明瞭だと、あとでトラブルが起きそうで不安になってしまいます。
何社かお会いした中で、自宅に来てくださった方の対応が抜群に良く、見積もりが明朗だった福岡遺品整理プロさんに遺品整理をお願いすることにしました。

当日作業に来てくださった作業員さんたちはハキハキと明るい方ばかりで、ぎっしり詰め込まれた荷物をテキパキと仕分けしてくださいました。
不思議なもので、自分たちで片付けをしていると「これは要る?要らない?」と迷ってしまうものです。

でも他の方に仕分けてもらうと、すっきりと処分する決断ができて本当に良かったです。
自分たちだけで片付けていたら、どれだけ大変だったかと思います。
立ち合いに来てくれた娘たちも、なんとなく捨てる決心がつかなくて実家に置きっぱなしにしていた荷物を見直す良いきっかけになったようです。

昔の写真や服を処分する記念に写真におさめたり、なくしたと思っていたアクセサリーが出てきたりと、思ったよりも随分と明るく楽しい時間となりました。

作業後に見積もり以上の金額を請求されることもなく、気持ちの良い挨拶とともに作業員さんたちは帰っていかれました。
部屋を傷つけることもなく丁寧に作業していただいたおかげで、家の中はすっきり片付いて気分まで明るくなりました。

介護付き有料老人ホームに入るか、マンションに住み替えるかはまだ決めていませんが、身軽になったおかげで、これからの身の振り方についても冷静に考えることができそうです。

本当にありがとうございました。

【福津市で遺品整理】実家の遺品整理。対応の良さですぐに依頼しました。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
福津市でご実家の遺品整理をしたお客様から声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

半年ほど前に福岡県福津市の実家にひとりで住んでいた母が、98歳で亡くなりました。
最後の1年ほどは入退院を繰り返しており、家にはほとんど住んでいない状態でした。

私は東京で所帯を持っており、そう何度も福津市に戻ることはできません。
東京へ連れて行こうとも考えましたが、高齢者の環境を変えることは良くないと周りに止められ、諦めざるを得ませんでした。

さいわい近くに住んでいる従姉妹が病院の付き添いを分担してくれたので、入院中の世話は問題なかったのですが、大変なのは亡くなったあとでした。
葬儀から四十九日まで済ませて、東京へ戻りましたが5LDKの実家は物でいっぱいです。
誰も住む予定もないし、早めに売却しなければと思いつつ数か月が経ってしまいました。
一時は家に物を残したまま売却も考えたのですが処分料が思ったより高額だったことと、大事なものまで一緒に処分してしまっては大変だと思い断念しました。

どうしたものかと悩んでいた時に、テレビで遺品整理業者のことを知りました。
遺品整理業者なんてどこも悪徳ばかりだろうと身構えていたのですが、従姉妹が口コミで福岡遺品整理プロさんのことを紹介してくれたのです。

まずは見積もりだけと思っていたのですが、とても好感を持てる方が来て下さり、さまざまな不安や疑問に答えてくれました。
最初は相見積もりを取るつもりでしたが、対応の良さでその場で依頼することに決めました。

曽祖父の代から住んでいた実家は8畳程度の納戸もあり、私にも何が入っているのかわからないものばかりでした。
年金手帳や土地の権利証等の貴重品は母の居室にまとめられていましたが、他にも必要なものがあるかもしれません。
目ぼしいものがあったら教えてほしいという無茶な要望にも快く対応していただき、本当に感謝しております。

実家を離れて長く経つとはいえ、大勢の家族で暮らした家を処分するのはやはり寂しいものです。
しかし当日来てくださった作業員さんたちが、皆明るく挨拶して下さったので多少気分も晴れ、すっきりした気持ちで作業を見守ることが出来ました。

ほとんどが廃棄処分にするものばかりでしたが、祖父が使っていた万年筆や手紙、写真を発見することができました。
物が全て運び出された家で、親戚が集まって昔を懐かしむ時間を持つことができたのも、福岡遺品整理プロさんのおかげです。
本当にありがとうございました。

【宗像市で遺品整理】丁寧な仕分けにとても感謝しています

福岡遺品整理プロの柿坂です。
宗像市で遺品整理をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

家庭の事情で長年疎遠にしていた母が亡くなったと、病院から連絡を受けたのは春先のことでした。
その連絡を受けるまで母が宗像市に住んでいることも知らなかったので、とても驚きました。

兄弟とともに遺体と対面して簡素な火葬式を済ませましたが、残された部屋のどこに何があるのかも分かりません。
ゴミの捨て方というのは地方によってやり方が違うものです。
それに、捨てる曜日だって限られています。
それに通帳や印鑑といった貴重品も発見していないのに、何もかも捨ててしまうというわけにはいきません。

ワンルームのマンションとはいえ自力で整理するのは難しいと考え、兄弟とも相談して福岡遺品整理プロさんにお願いすることにしました。

遺品整理の経験もないため、我ながら要領を得ない説明だったと思いますが、担当の方が丁寧に話を聞いて下さったのが依頼の決め手でした。
遠方に住んでいるため宗像市まで行ける回数も限られているなか、きちんと見積もりを出して料金やサービス内容を提示して下さったのは、福岡遺品整理プロさんだけでした。
作業前に疑問点をほとんど払拭できていたので、不安なくお願いすることが出来ました。

作業当日に来てくださったスタッフさんたちは、皆礼儀正しく清潔感を感じさせる身だしなみの方たちでした。
長年交流がなかった親とはいえ、わたしたちにとっては身内の使っていた遺品です。
一つ一つ丁寧に扱ってくださったので、とても安心感がありました。
通帳や印鑑、年金に関する書類もすぐに探し出せたので、その後の手続きがとてもスムーズに進みました。

スタッフさんが仕分けてくださった荷物の中に、古いアルバムも数冊ありました。
その中は私たち兄弟がまだ子どもだった頃の写真や、家族で住んでいた家の写真ばかり。
ずっと疎遠にしていたけれど、母は昔のことを懐かしんで暮らしていたのだと知ることもできました。

もっと早く連絡を取っていればと悔やむ気持ちは、きっといつまでも残るでしょう。
でもこうやって落ち着いて遺品を見られなければ、こんな気持ちにならなかったかもしれません。
私たち兄弟がゆっくりと母を見送る時間を持てたのは、福岡遺品整理プロさんに遺品整理をお願いしたからだと思います。

不用品をすべて運びこんだトラックは荷物でいっぱいで、これを自分たちで仕分けて廃棄すると考えると、プロの業者に依頼して本当に良かったと思ってしまいました。
本当にいろいろと良くして頂き、ありがとうございます。

消毒 福岡