家庭でできる地震対策

家庭でできる地震対策

地震への備えは、地震が発生する前から始まっています。
家庭内の安全対策を施すことが身を守る第一歩です。

都市直下の地震が起こった時、室内の家具が倒れてきて死亡した、負傷して避難できなかったという事が起こります。
最近では、家具が転倒しない、地震が発生する前から始まっています。家庭内の安全対策を施すことが身を守る第一歩です。
家具が転倒しないための転倒防止グッズで対策をしているご家庭も多いと思います。

それでも、地震による負傷者の3~5割の方が家具類の転倒や落下によって負傷しているといった調査結果も出ています。
特に震度5強以上の地震に見舞われた場合には、棚にある食器や本などが落ちてきたり、固定しない家具などが倒れると想定されています。

家具の転倒防止策グッズは、ネジで直接固定するタイプが最も効果が高いですが、固定していても本棚や食器棚は地震の揺れで収納しているものが飛び散ることも考えられます。
床に散乱した物は、避難する時の妨げになることも。
そのため、家具の転倒防止策だけでなく、扉の解放を防ぐグッズの取り付けも必要です。

また、家具の配置も重要なポイントとなります。
例えば、テーブルの後ろには背の高い家具を置かないことで、テーブルの下に避難しても倒れてきた家具の下敷きになることが防げます。
同様に、ベッドの側に背の高いタンスなどを配置しないことで、地震による家具の下敷きから身を守ることができます。

このように家庭内での地震対策を万全にしておくと、家庭内の被害を最小限にとどめることができ、地震発生後の避難行動へと素早く移ることができるのです。

遺品整理や生前整理をしたいけど、物が溢れてどこから手を付けたらいいのか分からない、という状態を放置しておくと地震などの災害時に怪我をしてしまう危険度が高くなってしまいます。
特に、高齢のお客様は高い場所の整理や重い家具の移動ができずお困りのケースが多く見られます。

地震の揺れを感じた時や緊急地震速報を受けた時はまず、身の安全を最優先に考えて行動することが大切です。
物が落ちてこない・倒れてこない・移動してこない空間に身を寄せて揺れが収まるのを待ちましょう。
もし、テーブルなどがない場合は、クッションなどを利用して頭をするなどが対策となります。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けなら福岡遺品整理プロにお任せください。
お気軽にご相談ください。

【直方市で遺品整理】遺品整理に伴い、消毒液を使った特殊清掃もしました

福岡遺品整理プロの柿坂です。
直方市で遺品整理をしたお客様の事例をご紹介させていたただきます。

----- ここから -----

直方市で一人暮らしをされていた60代の男性のマンションの1室へ、見積もりのためお伺いしました。
親族とは10年以上前に離婚して以来、疎遠になっていて、死後5日経って同じ階の方が異変に気付いて通報したため発見されました。

死因は、脳卒中だったそうです。
ご親族の方と一緒にマンションに入り、立ち合いの下見積もりを行いました。

玄関にゴミ袋が山のように積まれていて、ゴミ屋敷になりかけていました。
次の入居者の方が入居できる状態まで部屋を片付けて、清掃もして欲しいとのご要望です。

遺体から出た血液や体液が染み込んだ床の汚れもしっかり除去する必要がありました。
ご親族は、持って帰れるものがあれば持って帰りますので、後は全て処分して下さいとのことでした。

見積もりを出して、ご納得頂けたので作業する日を決めました。

作業を行う際には、血痕がありますので感染症予防のため、防護服と防護マスクをします。
そして、消毒液を室内に散布して除菌を行ってから作業に取り掛かります。
血液などで汚れたゴミは、厳重に密封して処理します。

その後、処分するものとご親族様に引き渡すものを分別し、家財を運び出します。
疎遠だったとはいえ、丁寧に遺品を整理して写真や貴重品が出てきたら除けておきます。

作業が終わったら、ご親族様に出てきた遺品をお渡しし、作業内容を確認して頂きます。
もっと早くに会っておけば良かった、と呟いていたご親族様の寂しそうな様子が心に残りました。

【宮若市で遺品整理】遠方に住むお子さんからのご依頼。作業前に細かく打ち合わせしました。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
宮若市で遺品整理をしたお客様の事例をお客様のコメント付きでご紹介します。

----- ここから -----

3年前にご主人様がお亡くなりになって以来、奥様は老人ホームで暮らされていらっしゃいます。
ご依頼を下さったお嬢様は、熊本県に嫁がれて家庭を持っているため、中々若宮市まで遺品整理に行くことができないということでした。

そこで、30年近く暮らされていた分譲マンションを売却するために、遺品整理をしたいということでした。

お父様とお母様は、お洒落好きだったということで、予想以上の衣類が押し入れやタンスに詰まっていることが分かりました。
作業を始める前に事前に、お嬢様と一緒に現場を視察し何を残し、何を処分するか細かく打ち合わせを行いました。

マンションは、ゴミ屋敷ではありませんが、寝室の窓が衣装ケースが半分隠れてしまうほど、衣類だらけでした。
衣装ケースの中の衣類を1枚づつ貴重品が紛れていないか確認しながら整理を行います。

今回は、ワンピースのポケットに、指輪が入っているのが見つかりました。
お嬢様に、指輪を見せると「母が探していた指輪です!」と、喜んで頂くことができました。

アルバム以外にも、クリアファイルに挟まっているお写真が何枚も出てきたので、汚れないように除けておきます。
全てのものを運び出して、大切なお品物をお渡しできるまでに3時間ほどかかりました。

思い出の詰まったマンションを手放すのは、とても寂しいけれど、誰も住んでいないのに固定資産税を毎年払うのは、勿体無いので、思い切って遺品整理をお願いして良かったと仰って頂くことができて、お受けして良かったと思いました。

【鞍手町】孤独死をされた方の遺品整理。ゴミ屋敷を丁寧に片付け。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
鞍手町で遺品整理をしたお客様の事例をご紹介いたします。

----- ここから -----

今回は、鞍手町で孤独死をされた80代の男性の遺品整理をお手伝いさせて頂きました。
孤独死の場合、親族が見つからず、不動産会社や保証会社から依頼されることがあるのですが、今回は不動産会社からご子息に連絡が入ったようです。

死因は、恐らく熱中症だということでした。
作業は、臭いを防ぐためだけでなく、感染症にかかる恐れもありますので、防護服と防護マスクをは欠かせません。

室内に入ると、押し入れにしまってあった衣類を出したのか、衣類が山のように散乱していました。
何故か、冷蔵庫にしまわれていない食品も出しっぱなしになって異臭を放っていました。

そして、台所の床は、ペットボトルやゴミ袋で埋め尽くされていてゴミ屋敷化していました。
室内の温度が34度以上もある中で、防護服とマスクをした状態での作業は、30分が限界です。
途中、こまめに水分補給をしながら作業を続けます。

台所の炊飯器には、黄色くなったご飯がそのまま残っていたり、冷蔵庫に飲み物や食料が残っているなど、一人暮らしをされていた男性が生活している様子が伝わってきました。
調味料などは、空にして中をきれいに洗って資源ゴミにまとめます。
全てのものを外に運び出し、室内の清掃を行って作業終了です。

遺品整理をして、「やってもらって良かったです」と、仰って頂くと、遣り甲斐を感じます。
長年、お父様とわだかまりがあったご子息様は、心の整理もできたと晴れやかなお顔をされていました。

【東峰村】ゴミ屋敷になったお家を遺品整理。遺品整理後に害虫駆除も行いました。

福岡遺品整理プロの柿坂です。
東峰村で遺品整理をしたお客様の作業事例をご紹介させていたただきます。

----- ここから -----

先日、東峰村で孤独死をされた70代の女性の遺品整理を承りました。
女性は、ご主人が3年前に亡くなられてからずっと一人で戸建て住宅で暮らされていたようです。

その頃から、近所付き合いが悪くなって、ゴミを集めるようになったそうです。
ゴミ集めを止めるように言っても、「私の勝手だ!」と言ってゴミを拾いあっという間にゴミ屋敷になってしまったそうです。

残された40代のお嬢様は毎週車で来て少しずつゴミを処分しようと思っていたそうですが、膨大なゴミの量に限界を感じ、気が重くなったと仰っていました。
見積もりを出して、ご納得頂けたのでご相談をして、作業する日程を決めました。

当日は、室内に発生しているハエなどの生きている害虫を殺虫剤を使って駆除することから始めます。
次に、遺体から発生しているガスや菌を除去するために、薬剤を散布します。

その後、汚染物から順番に整理していきます。
そして、亡くなられた方が見付けていた眼鏡や入れ歯など大切なものを、傷が付かないように丁寧に整理していきます。

全ての遺品整理が終了したら、床下や配管なども調べて、徹底的に害虫駆除を行います。
家の中の清掃が終わったら、庭や家の周りに積まれているゴミを片づけていきます。

作業時間は、3時間以上かかりましたが、とても遣り甲斐がありました。
生前、同居を勧められても東峰村を離れたくないと頑なに一人暮らしをされていた故人様の気持ちが分かるような美しい田園風景を眺めながら帰りました。

消毒 福岡