福岡市博多区で遺品整理。二世帯住宅にリフォームをするために遺品整理。

福岡市博多区で遺品整理。二世帯住宅にリフォームをするために遺品整理。

福岡市博多区にある実家は、物が多く地震が起こったら危険な状態でした。

実家に一人で住んでいる父は、年を取る毎に片付けるのが面倒になっているようでした。

 

そうなると、掃除をするのも面倒になり、家中がごちゃごちゃした状態になるみたいですね。

昔は、釣や登山などアウトドア派だった父ですが、足腰が弱ってからは、家でネコとゴロゴロしてばかりです。

特に、母が1年前に亡くなってからは外に出ようとしません。

 

そこで、家を二世帯にリフォームして息子の私と同居することにしたのですが、リフォームをするためには母の遺品を整理して物を減らす必要がありました。

父に母の遺品を整理してもいいか聞いても「これは、誕生日にプレゼントしたものだから」等と言って捨てようとしません。

家族としても、大好きだった母の愛用品を捨てるのは抵抗があり、古い雑誌を捨てるのが精いっぱいでした。

 

そんな父が、家の中で置きっぱなしにしていた除湿器のコードに足を取られ転倒。

それを機に、業者に頼んで遺品整理をすることを承諾させました。

「他人に物をいじられるのは嫌だ」と最後まで遺品整理を渋っていた父でしたが、身なりのきちんとされた作業員の方が親身になって遺品整理を始めると、だんだん納得してくれたようです。

ついでと言ってはなんですが、父の生前整理もできたので、使わなくなった釣竿などを処分できてスッキリしました。

 

後から、ゴミ袋にわさわさと不用品を詰め込むのではなく、丁重に扱う様子を見て安心したと言っていました。

母が嫁入り道具として持って来た三面鏡は、アンティーク家具が好きな姪っ子が貰ってくれることになり、後日配送を作業員の方に依頼。

鏡が割れないようにしっかり養生カバーで保護し、配送してもらいました。

 

また、室内での転倒を防ぐため床をバリアフリーにしたいと考えていたました。

福岡遺品整理プロの方に相談すると、家具や家電などの荷物を一時的に預かって頂けるプランもあると聞きました。

 

遺品整理と家のリフォームを一気に行うことができたので、非常にストレスがありませんでしたね。

親族だけで整理していたら、何か月経っても終わらなかった作業をたった1日で終わらせて下さったので依頼して本当に良かったです。

 

父は、「一度手放すと気持ちがスッキリした」と結果的に遺品整理を喜んでくれました。

家族としても、自分が高齢者になった時に自分の持ち物をどう処分するかを考えるいいきっかけになったと思います。

【福岡市中央区で遺品整理】3年前に他界した叔父の遺品整理。電話応対が良いところは作業も丁寧ですね。

82歳になる叔母は、福岡市中央区にある3LDKのマンションで一人暮らしをしています。

近くに住んでいる姪の私が、叔母の様子をちょくちょく見ているのですが、介護をベッドを入れてあげたいけど、置く場所が無くて困っていました。

そして、納戸には、収納に入りきらないほど沢山の物で溢れていました。

また、リビングに置いている炬燵は立ち上がった時に転ばないかと心配でした。

そこで、3年前に他界した伯父の遺品整理や不用品の処分をして、部屋の模様替えをすることに。

 

何でも捨てられない質の叔母は、何年も着ていない服や読まなくなった本でも「やっぱり取って置く」といって元の場所に戻しいつまで経っても片付けられないでいました。

しかし、テレビで終活特集の番組を見て、遺品整理の大切さを実感したようです。

業者に依頼して遺品整理をしたいと私に相談してきたんです。

 

遺品整理をしてくれる業者をスマホで検索すると、沢山の業者が出てきます。

どこに依頼したらいいのか、相場はどのくらいなのか不安だらけでしたが、福岡遺品整理プロの電話対応がとても良かったので契約しました。

 

作業当日、スタッフの方は、1つ1つ確認しながら仕分けして下さったので、叔母も納得できたようで作業後は満足そうな表情をしていました。

不要な衣類を処分したらタンス2棹が空になったので、タンスも処分することに。

他にも、書籍、古い布団などを処分。

炬燵は、立ったり座ったりするのが楽なハイタイプの炬燵に買い替え、古い物は処分して頂きました。

 

部屋が広くなったことで、介護用ベッドを置くスペースができました。

空いた部屋は、親族が泊まるための寝室として使えそうです。

スタッフの方は、高齢者が動きやすい動線を考えて、よく使う物は取り出しやすい場所に収納するなどの配慮もしてくれました。

 

叔母は、伯父の遺品整理と同時に自分の生前整理もできたと喜んでくれました。

以前よりも動線がスムーズになり、立ち上がったりする時も楽になったと言っています。

以前は、棚の上から物が落ちてくるかもしれない状態だった納戸も、どこに何が入っているか分かりやすくなり、叔母のために低い位置に使用頻度の高い物を収納するよう工夫して下さいました。

叔母に感想を聞くと「皆さんとても感じが良くて嬉しかった」と何度も笑顔で言っています。

遺品整理後は、今の所物が増えてしまうこともなく、快適に生活できているようです。

親族も、泊りがけで様子を見に行きやすくなったと喜んでいます。

消毒 福岡