【福岡市で遺品整理】離婚した元奥様よりご依頼をいただきました

【福岡市で遺品整理】離婚した元奥様よりご依頼をいただきました

お客様の声をご紹介させていたただきます。


福岡市で期間工として働いていた50代の男性が、持病が悪化して死後1日経ってから同じ寮に住んでいる同僚の方に発見されたそうです。

借金返済のため、離婚をして2年前から期間工のお仕事をされていたとお聞きしました。

 

離婚をした奥様が、東京から駆けつけて下さったので、一緒に遺品整理をお手伝いさせて頂きました。

 

狭い室内には、ビールの空き缶や焼酎の瓶が天井近くまで積み上がっていました。

いつも、仕事帰りにコンビニでビールや焼酎を買って、一人で部屋で飲んでいたそうです。

床には敷きっぱなしの布団や洗濯物などが雑然と散らかっていましたが、生ゴミなどの異臭はしていません。

 

見積もりを出して、ご納得頂けたのですぐに作業に取り掛かりました。

 

瓶と缶に分けながら資源ゴミを袋に入れて、どんどんトラックに詰め込んでいくと30分で床が見えてきました。

床に黒いものが動いていると思ったら、ゴキブリが床を這っていました。

めげずに、不用品を袋に詰めて片付けていきます。

引き出しの中から、ご家族と一緒に生活されていた頃のお写真が出てきましたので、奥様にお渡ししました。

 

現状回復するように管理会社から言われているということだったので、カーペットをまるめて、床をきれいにし、壁も丁寧に清掃しました。

作業時間は、1時間半くらいで終えることができました。

費用を安く抑えることができて良かったですと、喜んで頂くことができました。

【糸島で遺品整理】実家のリフォームのために遺品を整理しました

先日、「糸島の実家をリフォームしたいので、遺品整理をお願いします」と、依頼を受けました。

 

お母様が他界されてから、1年以上誰も住んでいない状態のご実家を改装して民泊を運営されるご予定ということでした。

桜井二見ヶ浦のご自家からは、夫婦岩が見える絶好のロケーションで、サーフィンポイントとしても人気です。

 

見積もりを出すために、ご実家に行ってみると、かなりゴミや不用品が散らかっている状態でした。

2階の押し入れに収納されている寝具類は、カビで汚れている状態で、台所には賞味期限の切れた調味料や樽に付けてある漬物などから異臭がしていました。

 

ゴミ屋敷の片付けと比べると、かなりスムーズな作業になりそうでした。

事前に、必要なものを除けて頂くようにお願いをして、作業にかかります。

食器棚に入っている食器は、1枚1枚丁寧に緩衝材で包んで、段ボールに詰め込みます。

台所の床下から、10年ほどまえに漬けた梅酒が出てきたので、ご家族様にお渡しすると非常に喜んでいらっしゃいました。

 

大型の家具や家電を運び出し、古くなった絨毯も丸めてトラックに積み込みます。

お昼過ぎから開始して、1時間半ほどで作業が終わると夕日が海に沈む様子が見えました。

大勢の人が集まる宿泊施設に生まれ変わり、多くの人に愛される場所になって欲しいと思いました。

消毒 福岡