傷つきやすさも個性のひとつ。HSPとは?

光や音に敏感すぎて辛い、人間関係に気を使いすぎて疲れる……心当たりはありませんか?
それはHSPと呼ばれる特性を持っているのかもしれません。

この記事ではHSPの特性と、HSPの方が穏やかに過ごすために知っておきたいポイントについてご紹介しています。

HSPとはどのようなものか

光が眩しすぎて疲れる。大きな音が苦手で、恐怖感すら覚える。
友だち付き合いにおいて、相手の顔色を伺ってしまう。
度が過ぎて緊張性の頭痛に襲われる。
テレビのニュースで我がことのように落ちこんでしまう。

こんなふうに繊細すぎる人を、アメリカ人のエレイン博士は「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」と名付けました。

HSPかもしれないと思ったら

現状、HSPは疾患と扱われていないことも多く、心療内科や病院での対応はまちまちです。
それに、病院で相談するのは抵抗があるという方も多いでしょう。
ここでは、自分の心を平静に保つために知っておきたいセルフケアをご紹介しています。
気分が落ち込みそうだな、という時に試してみてくださいね。

人混みや大きい音の場所に出かけなくてはいけない時は、イヤホンをつけて川のせせらぎや波の音などを流しましょう。
耳栓でも良いですが、くれぐれも周囲の安全には気を付けてくださいね。

HSPの傾向として、人の顔色を伺う・誘われたら断れない、などが挙げられます。
お誘いを断るのは心苦しいと思ってしまいますが、何より自分の体調や心の平穏が大事です。

苦でない範囲のお付き合いに留めるのもひとつの方法です。

感受性の強い方は、入ってくる情報を自ら調節する必要があります。
「つらいニュースが目に飛び込んできた」と思ったら、テレビやネットから離れましょう。

HSPの方は繊細で傷つきやすい傾向があるために、周りから誤解されやすいこともあります。
しかしそれは悪いことではありません。
優しく人を気遣えることで、感謝されることや気遣いを受け入れてもらえることもあるでしょう。
自分の長所としてうまく付き合っていけるようにしたいですね。

消毒 福岡