家庭でできる地震対策

地震への備えは、地震が発生する前から始まっています。
家庭内の安全対策を施すことが身を守る第一歩です。

都市直下の地震が起こった時、室内の家具が倒れてきて死亡した、負傷して避難できなかったという事が起こります。
最近では、家具が転倒しない、地震が発生する前から始まっています。家庭内の安全対策を施すことが身を守る第一歩です。
家具が転倒しないための転倒防止グッズで対策をしているご家庭も多いと思います。

それでも、地震による負傷者の3~5割の方が家具類の転倒や落下によって負傷しているといった調査結果も出ています。
特に震度5強以上の地震に見舞われた場合には、棚にある食器や本などが落ちてきたり、固定しない家具などが倒れると想定されています。

家具の転倒防止策グッズは、ネジで直接固定するタイプが最も効果が高いですが、固定していても本棚や食器棚は地震の揺れで収納しているものが飛び散ることも考えられます。
床に散乱した物は、避難する時の妨げになることも。
そのため、家具の転倒防止策だけでなく、扉の解放を防ぐグッズの取り付けも必要です。

また、家具の配置も重要なポイントとなります。
例えば、テーブルの後ろには背の高い家具を置かないことで、テーブルの下に避難しても倒れてきた家具の下敷きになることが防げます。
同様に、ベッドの側に背の高いタンスなどを配置しないことで、地震による家具の下敷きから身を守ることができます。

このように家庭内での地震対策を万全にしておくと、家庭内の被害を最小限にとどめることができ、地震発生後の避難行動へと素早く移ることができるのです。

遺品整理や生前整理をしたいけど、物が溢れてどこから手を付けたらいいのか分からない、という状態を放置しておくと地震などの災害時に怪我をしてしまう危険度が高くなってしまいます。
特に、高齢のお客様は高い場所の整理や重い家具の移動ができずお困りのケースが多く見られます。

地震の揺れを感じた時や緊急地震速報を受けた時はまず、身の安全を最優先に考えて行動することが大切です。
物が落ちてこない・倒れてこない・移動してこない空間に身を寄せて揺れが収まるのを待ちましょう。
もし、テーブルなどがない場合は、クッションなどを利用して頭をするなどが対策となります。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けなら福岡遺品整理プロにお任せください。
お気軽にご相談ください。

消毒 福岡